fc2ブログ

コララインとボタンの魔女

『コララインとボタンの魔女』(Coraline) 2009年、米
coraline
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督作品
ニール・ゲイマンによるファンタジー小説をアニメーションで映画化
私の結構お気に入りジャンルダークファンタジー
これはぜひDVD欲しいですな~面白かったです

ようこそ、素晴らしき偽りの世界へ

この映画のすごいところを最初にゆってしまうと…
ストップ・モーション・アニメーション[SMA]いわゆるコマ撮りされた映画だということです
実際にお人形やちっさいセットを動かして1コマずつ撮影されてるそうです
すっっっっごい労力かかってます!!! 3Dとの融合もありますしね
ちょっとカクカクした動きとかが、なんかレトロな感じで
最近のテカテカしたフルCGアニメとは違うなぁ~なんてのんきなものではありません
人形なのにどうしてあんなに表情が!?
こちらのサイトに撮影秘話やトリビアが載ってます↓↓
TOHOシネマズ 特設サイト コララインとボタンの魔女 3D

セットや人形を1コマ1コマ動かしては写真を撮っていく作業の繰り返し。1秒間の映像を作るのに24枚の写真が必要…。
き、気が遠くなる((+_+))
こんなに労力がかかった作品をたった1300円で見てしまって、なんだか申し訳ないような(^_^;)

アニメ界のアカデミー賞と言われる第37回アニー賞において、音楽のブリュノ・クーレ、キャラクターデザインのシェーン・プリグモア、コンセプト・アートを担当した日本人の上杉忠弘さんが最優秀美術賞を受賞
第82回アカデミー賞、長編アニメ映画賞にもノミネートされています

とにかくアニメでしか楽しめないデザイン、映像美、色彩感
アニメだからか、「アバター」よりも3Dだった気がしました
後半の映像がコロコロ変わる場面では、思わず3D酔いしてしまった感じです… それは私がアーモンドカフェラテのような甘ったるいものを飲んでたからか……はたまたポップコーンを食いすぎたからか(=_=)

あらすじ↓↓
新しい家に引っ越してきたばかりの少女コラライン
両親は仕事ばかり、友達もいないし、毎日が退屈で最悪
そんな時、コララインは新しい家に小さな扉を見つける。
それは、驚くべき“もう一つの世界”への入口だった―
扉の向こうでコララインが見つけたのは、心躍るサーカスや独創的なミュージカルのショー、花が溢れんばかりに咲き誇る美しい庭、そして優しくて、暖かくて、コララインをとても可愛がってくれる"別の”両親だった。
ただ一つだけ奇妙なのは、ママもパパも、目がボタン・・・
「こっちの世界の方が、全然素敵!」今まで欲しくてたまらなかった世界を見つけたコララインは、すっかり扉の向こうの世界に心を奪われるが、元の世界に戻ってみると、両親は姿を消してしまっていた――


少女が異世界に入り込み、両親を取り返すために魔女と戦う!ってとこは『千と千尋の神隠し』っぽかったですが…
コララインは、つまらない現実世界と理想的なパラレルワールドを行き来するファンタジー だけど、そこには落とし穴がありますよ…って感じでした★
登場人物も少ないのでかなり分かりやすいストーリーです
可愛いような、きもいような(笑) 奇妙なキャラがとっても魅力的です


吹き替え版は榮倉奈々ちゃん結構ブーイング多いみたいですが
私も予告見てうーーんって思ったんですが、慣れてしまえば、あまり気になりませんでした
「スーパーナチュラル」のディーンの吹き替えよりは全然マシかと(笑) ←あれは完ぺきに棒読み経験不足!? もう慣れましたけどね(^_^;)
でも、榮倉奈々ちゃんも元気で明るい感じの声だし、コララインの好奇心旺盛で小生意気な感じに合ってたと思います
字幕版のダコタちゃんゎ相当良かったみたいなので、字幕版も見たいですなぁ
戸田恵子さんと劇団ひとりさんは良かったです

英語版のトレーラーがあったので載せときます
ダコタちゃんの声はやっぱスゴイ!!笑
アメリカじゃ一年も前に公開されてるんですね↓↓


日本語版は↓↓
コララインとボタンの魔女 公式HP

目がぼ、ぼ、ぼ、ボタンって(笑)結構怖いし、後半はやたらホラーちっく
途中、おなじ列にいたちっちゃい女の子が、泣き出してたので
あまりちっちゃい子向けではないのかもしれませんが……
久々に、万人におススメできる映画かもしれません
原作が2002年に発表された児童文学のファンタジー作品だそうですが…英語原作が読みたいです

個人的評価:★★★★★
以下、ネタばれ含みます↓↓
映像は3D上映を想定して作られたものだからか、
針が手前にびゅーんて出てきたり、奥行きがすっごく感じられました
とくに後半のボタンの世界が崩れていくところが、おぉ!!って思いました
どっちかというと…飛び出して見えるというより、奥行きの感じられる3Dやったと思います
アニメとしての映像美、色彩美は半端なかったと思います

正直、コララインのママは……
ま、まさにうちの母親!!(笑) 事故ってギプスで、料理しないとか
私もこの歳になって未だに親に不満があったりするので(^_^;)
ちょっとコララインに感情移入しちゃいました(笑)

でも、あんな両親でもいなくなると寂しいですよね…
コララインがまくら?クッションとかをパパとママに見立てて一緒に寝て、泣いてた場面はなんか切なかったです

ストーリーとかゎ、あらすじや予告でだいたい想像した通りのお話
とくに考えることもなく、違和感なく見れました
予想外だったのが
あの家、一軒家かと思ってたら、地下?と屋根裏?にそれぞれヘンな住人が住んでましたね(笑)アパートだったのか

あの黒猫ちゃんはめっちゃしぶい
吹き替えの劇団ひとりさんもなかなか良かったです
もともと劇団ひとりさんは結構好きなんですが…
いつもと違う低い声で、なかなかうまかったと思います
低い声が好きな私には、「アイスエイジ」のディエゴ役、竹中直人さん以来の胸キュンでした
coraline 2
魔女が子供の目を取って、替わりに「ボタン」を縫い付けて魂を封じ込めてしまう。
だから目をボタンに代えられてしまった三人の子供を天国に行けるようにするために、目を探してって………
私、ほんまに目玉を6つも探すのかと思ってしまいましたよ(笑)

パパの言ってた「細い針だから痛くないよ~」ってのがやたら印象に残りました(笑)
目をとって代わりにボタンを縫い付けるって…リアルに考えたらかなりキモイ!!
はい。ファンタジーなのでリアルに考えてはいけませんね


ボタンの魔女は、最後ちょっとかわいそうだなって思ってしまいました
コララインが必死になって帰ろうとしてる時に
行かないで!ひとりぼっちでさびしい。みたいなことを言ってたので…
まぁ最後までホラーみたいになってましたが(^_^;)

でも結局言いたいことは、現実世界が一番!!ってことですもんね
何でも欲しいものが揃っている理想の世界に住むことが幸せなのか…。
なかなか思うようにゎいかない、不満のある現実世界だからこそ、イイことがあったら幸せだって思えるんですもんね
児童文学にぴったりな教訓ですな


最後、庭にチューリップ植えてる場面で終わりましたが
そのお庭が引きで映ったときに、魔女の顔に見えたのは私だけでしょうか……
向こうの世界では、コララインの顔になってましたょね

子供心で、純粋な気持ちで見れれば、結構感動できる作品だったかなと思います
Thank you for reading
waka
関連記事
スポンサーサイト



theme : コラライン
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2投票
更新が滞っているので、次に読みたい記事、期待している記事、面白かった記事を投票していただきたいと思います!!ぜひ、参加してくださいm(__)m
無料アクセス解析
ようこそ♪

xxTRICKworld

Author:xxTRICKworld
wakaと申しますm(__)m

♪音楽は邦楽から洋楽まで♪
広く浅く…いろんなアーティストを聞きます!
・へヴィ・ミクスチャーロック系、
・ダンスのできるアーティスト、ダンスナンバー系、
・パワフルヴォイスの歌唱力のあるアーティスト
これがだいたい好きな曲、アーティストの傾向です♪

☆映画は洋画中心☆
アクション、SF、サスペンス、ホラーメイン!

★野球はドラゴンズご贔屓★
野本圭・藤井淳志・中田賢一・堂上剛裕・森野将彦を応援中☆あとやっぱ憲伸!(^^)!

==カテゴリ説明==

★About Me …日記
★Music …おススメアーティストの紹介や洋楽の和訳、ライヴレポなど。新曲情報は月1or2で定期更新中。
★Movie …映画感想と新作映画情報(毎月末or月初めに定期更新中)
★Baseball …ドアラ、ではなく←ドラゴンズ中心
★雑記 …ドラマの感想と新ドラ情報(定期更新中)他、色々。
★ランキング …オリコンや映画のランキング

興味のある所だけでも読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)
詳しいプロフィールは下のFC2プロフのバンビちゃんをクリック♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2プロフ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カウンター
リンク
ブロとも一覧

The Year 2010 in Seoul ★
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード