fc2ブログ

GANTZ: PERFECT ANSWER

公開初日に行ってきました
久々のレイトショー混んでましたねぇ
前日の夜にネットでチケット取っておいたんで、一応、真ん中は確保できたんですが…
最近ずっと一番後ろの席で観てたので、なんかスクリーンが近かった(笑)
おかげで迫力満点でしたね
音響もすごくて、乱射シーン←なんてものすごい大きさ

トレーラー↓↓


黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち……。
玄野と加藤は、星人=敵を殺さなければ脱出できないという理不尽な状況に追い込まれる。
戦いを続け、生き抜くことを選択する玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤。
対立する2人を軸に、極限状態に追い込まれた様々な人間たちの想いが交錯していく。
終わることのない苛烈な戦闘の中で、2人が、この不条理な世界に下した究極の選択とは――


はい。映画の感想は――面白かったです
奇抜なストーリーは原作通りとして、今回の映画は原作がまだ連載中とゆうことで、オリジナルのラストなんですが…
まさに「パーフェクトアンサー」なラスト(笑)
いや~日本人らしい映画…いや、選択でした←
あ、ちなみに副題の『PERFECT ANSWER』はガンツについての完全な答えがでるという意味ではなく、
玄野が最終的に出した答えがパーフェクトというか、今できる最善の手を選びましたよ、という意味だと思います。
レビュー読むとガンツの謎がすべて明かされるんや!!って期待されてた方も結構多いみたいなので、
そこを勘違いすると…全然謎が解明されてねーし!!!!ってことになりますので、過剰な期待は禁物です(^_^;)


ストーリーの日本人らしさとは裏腹に映像はかなりハリウッドライク
ハリウッドアクション映画には及びませんが、今までにこんな日本映画はなかっただろう!!とゆう映像でした
映像技術なんかの知識は全くありませんが、少なくとも、どの酷い合成具合の邦画作品←よりも出来は良かったと思います
爆破シーンなんか、邦画は実際にやらないですもんね~
GANTZはしっかり爆破シーンも実際に撮ってます!!!!

そして俳優さんのアクションがすごかった
前回見た「SP」もなかなかすごかったんですが、ガンツは超人的なので…余計に(笑)
前編はXガンで戦うことが多かったし、ニノ…じゃないや、玄野たちも弱かったんですが……
今回はみんな戦い慣れて強くなってたし、Xガンよりも剣で戦う方が多かったので、殺陣がすごかった
インドアのニノがあんなに動けるのかとゆう位派手なアクションでした(笑)
ワイヤーもかなり使ってたみたいなので、「SP」とはまた違ったカッコいいアクションが観れました

そしてそして!!ワタクシ一番のお気に入りは…やっぱり本郷くんでした
本郷くんあぁゆうクールな役多いけど…今回のはほんまに冷酷な役やので…ぴったりでした(笑)
ほんまに悪い顔してたなぁ……いや、ほんまに←

今回は女性陣のアクションもあって良かったですね
特に、星人の女の子が凄かった!!!!!!
あ、もちろん吉高ちゃんも………頑張ってたよ!!!←

肝心なことを言い忘れてました
今回もPG12指定になってますが、前回のネギ星人ほどグロいシーンはなかったです!!
多分今回は乱射シーンが多いのでそれで指定が付いたのかな確かにあれはちょっとヤバかった
きっとそこを含むシーンが一番の見せ場になるんですが……あれ、テレビ放送できないかもしれないですよね(^_^;)
先日のアナザーガンツでも、ネギ星人のところはあまり映ってなかったし…。

あとは全体的にホラー映画っぽかったですね(笑)
特に綾野剛くん←
相変わらずキモい役やってます(笑)ハマリ役よ

しかし、それだけでなく、泣けるというか、考えさせられる終わり方でそれも良かったです
思い返せば、思い返すほど…感動のラストになっていると思います
アクションとストーリーの割合がちょうど良かったですね
ハリウッドのド派手アクション映画やと、ストーリーがつまらなかったり、ただの娯楽ものが多いですからね
あと、音楽も良かったなぁ~サントラ聴きたいです!!!!!!!
調べたところ、あの予告で流れてる音楽は、Immediate Musicという予告編音楽を製作する専門会社が作った曲で、GANTZの曲ではなく、前から作ってあった曲みたいです。
ああゆうカッコいい曲はたまらんですね~(●^o^●)

とゆうことで。
うーん★4か4.5位のところですが、日本映画にしては映像が良かったところと←本郷くんのかっこよさに★5にします
ただ、原作ファンの方にはあまり面白くないかも
しかし、この映画も「SP」同様、ジャニーズに抵抗がある人、邦画アクションに抵抗がある人にも見てほしい作品です
ぜひ、映画館で観てくだちい←

個人的評価:★★★★★
以下、ネタバレ含みます↓↓
まず最初に、私は原作ファンではありません。
原作は全く知らなかったんですが…にのファンの妹に誘われてパート1を観に行った人です(笑)

はい!まずは前回の復習とゆう映像で映画も始まりました
前回の感想記事→GANTZ

そして注意!!ネタバレ全開なので←今から観る予定の方は気をつけて下さい

そういえば、最近滅多に見なくなったオープニングクレジットがついてましたね
あの映像&音楽もカッコ良かった
私もガンツスーツ着てみたい

今回のストーリーはパート1から5ヶ月後のお話で、ガンツに寿命が来たってことで良かったのかな
で、ガンツは寿命がくる前に星人たちを全員やっつけたい!!と焦ったので、チビガンツ玉を使って昔の卒業生(過去に100てんを取って記憶を消されて解放された優秀な人々)を集めるとこから始まります
最初は何が何だか分からなかったですが(*^。^*)
玄野たちはあれから5カ月、他のメンバーたちと協力して戦ってきた結果、ずいぶん強く&団結したようです。

そのチビガンツ玉のカラクリを理解するのに少し時間がかかったのですが
女優だかモデルだかやってる卒業生の所にチビガンツ玉が届いて、その人がガンツ玉の指令通り他の卒業生3人を殺すことで、その人たちはガンツの部屋へ行く。
最後に指名されたのが、吉高ちゃん演じる小島多恵なんですが、たえちゃん←を殺す意味がわからなかったなぁ
とりあえずその女優さんはたえちゃんを殺そうとするけど、その時に玄野たちは新しいミッションが用意されてて、ターゲットが綾野剛演じる謎の黒服集団のリーダーなんですが、彼らはチビガンツ玉を狙ってて、
  玄野たち→黒服星人→女優さん→たえちゃん
とゆう感じでうまいこと繋がってしまい、フツーの人間をも巻き込んだ、地下鉄乱射事件←が発生してしまうわけですな。

このシーンのアクションはほんまにすごかったです
で、謎の黒服集団は何者かと思いきや、やたら強い星人やったわけですが…
彼らがチビガンツ玉を狙う訳はチビガンツ玉の指令通り4人を殺せば、チビガンツ玉を持ってる人もガンツの所へ転送されるから…ってことでよろしかったのかな

で、地下鉄乱射事件は多数の犠牲者を出しつつ、なんとかミッション終了したんですが、ほんまに綾野剛くんキモかった!!←

これで鈴木のオッサンと玄野が100てん以上取ったので、加藤(松ケン)と西くん(本郷くん←)を生き返らせます。

あ、松ケンは2人登場してて←玄野たちが生き返らせる前に現実世界にいた加藤はニセモノで、あれは加藤星人(By.西くん←)やってことに気づくんですが、この加藤星人の正体は、パート1のラストで瀕死の加藤に止めを刺した千手観音さま←であることが判明します。
ってことはラスボス=千手ってことで良かったのかな千手確かにめっちゃ強かったもんね

で、これは最後まで解決しなかったんですが、前回からチラホラでてくる『そっちが始めたんだから、我々も復讐する』ってゆう星人たちの言い分は一体何だったんでしょうね?
原作でもこうゆう設定なのかな
この話が出てくることで、どっちが正義で悪か分からなくなってしまいますもんね。
星人たちは別に悪でもなんでもなかったのに、誰かがこの戦いを始めてしまったために、復讐の連鎖が起きているんだよ。とか、
単に、無意味な戦いをしてるんだってことを言いたかったのかな…。


えっと…話がバラバラしてますが、さっきのミッションが終わったあとでまたまた緊急ミッションが行われます。
みんな生き返ったばかりの西くんにどうゆうことって説明求めてるけど、西くんかて知らんと思うよ

結局、ガンツは寿命が近くて星人退治を急いでるんじゃって話になるのですが、次のターゲットはなぜかたえちゃん
玄野がたえちゃんは人間やから絶対に殺さないで!!ってみんなにお願いするんですが、ガンツの指令はたえちゃんを殺した人に100てん。それ以外は没収。とゆうもの。
他のみんなは戸惑いながらも、チビガンツ玉に最後に殺せと指示がでていたのも、たえちゃんだった!!
やから、もしチビガンツ玉を持ってる加藤星人がたえちゃんを殺しちゃったら、加藤星人がガンツの部屋に転送されてきちゃうそいで、ガンツが寿命を迎えたらもう誰も生き返れなくなってしまう
とゆう結論から仕方なくたえちゃんを殺す方向に話が進んでしまいます。

ここから玄野は、たえちゃんを他のメンバーから守りながら、加藤星人を倒すことになります。
加藤星人はなかなか強いし、他のメンバー(特に西くん)が本気でたえちゃんを狙ってるのでエライこっちゃですよ
ここのアクションは松ケンが1人2役のアクションで大変そうでした
殺陣って簡単に覚えられるもんなんですかねさすが俳優さんです(笑)

で、結果を言ってしまいますと、本物の加藤も玄野もたえちゃんも西くんも加藤星人にやられてしまいました
西くんなんか張り切ってた割にはあっさり殺られてしまいましたね

たえちゃんもしぶとかったんですが、玄野くんのとこまでやってきて力尽きました
たえちゃんが死んだことでミッション終了。
玄野たち、かろうじて生きてた人々はガンツの部屋へ転送されます。
そん時の玄野くんの悔しい演技が…にのちゃんうまかったす←
たえちゃんをターゲットにした真意は結局分かりませんでしたが、
玄野曰く、俺をずっと戦わせるため=戦って点数集めたら、たえちゃんを生き返らせることができるから?
って意味で良かったのかな…。

で、ガンツの部屋には加藤とかも帰ってきたんですが、西くんはおらず。
西くん…あっさり退場かと思っていたら、加藤星人もとい千手が西くんに変身
そのままチビガンツ玉のミッションも完了してしまったので、西くんの格好のままガンツ部屋に転送されてきます

で、そこで西くんの格好した千手とその仲間たちvs玄野たちでまた銃の乱射事件が
向こうはフツーに銃やけど、玄野たちの持ってるXガンは、発射後ちょっとたったあとに衝撃波がくるので……
明らかに不利やん!!!!!!←
千手が西くんを選んだのは正解ですね…ものすごい迫力です(笑)

と、笑ってる場合ではなく、ガンツ側の人々はどんどんやられていき、
西くん…いや千手が最後に、なんか水!?みたいなのをガンツ玉にかけました。
あれ、一体なんやったんや~~(@_@;)

その後、なんと玄野と加藤と…あと鈴木のおっさんと…女優さん、千手もまだ生きてて、
千手がおっさんと女優さんをさっさと片付け、玄野が千手にXガンを向けるんですが…
そこに加藤が立ちはだかります。
けど、玄野はおかまいなしに発射。
加藤に向けて撃ったのかと思ったら、ちゃんと千手にあたってました
ヒヤヒヤしたよ~

結局「なんでこうするしかないんだよ…」といいつつ、千手を倒したので、
KYなガンツが←それどころじゃないのに、採点を始めます(笑)
で、玄野はまんてん取ったということで、まんてんめにゅーから選んでくだちい
とか、いうんですが…(100てん以外にまんてんがあったなんて!!!!!←)
「永遠に…」

で、ガンツが動かなくなり?表示がめちゃめちゃになり、どうやら寿命が来てしまったことが分かります。(西くんのかけた水のせい!?)
ガンツが消えてしまえば、もう誰も生き返らせることはできないので
ここで玄野がガンツに「決めたよ」と言います。
そしたら「ありがとう くろのくん」て!!!!!←

ってことで、ここでラストは分かってくると思いますが、
玄野がガンツ玉の中の玉男になる代わりに、その他の人々は全員元の世界に戻されることに。
最後まで生き残った加藤とも「昔の思い出は忘れてくれ」とか「歩と仲良くな…」って
ベタなオチっちゃベタやけども……玄野カッコよすぎ

たった一人犠牲になればみんな助かる~戦いは終わる~なんて自己犠牲の精神は
日本人特有なんだろうな~と思いました。
ハリウッドやと、全員助かって良かった良かった~って話が多いですもんね

結局、みんなは何事もなかったように元の生活を送っているのですが、
加藤でさえも玄野のことは覚えてない様子。
しかし、たえちゃんだけは、玄野のことを何となく思いだしたのかなぁ…という描写があり、
玉男になった玄野から 「みなさん おしあわせに」 というメッセージで終了でした。

最初の玄野は、線路に落ちた人を助けてる加藤をも無視したくらいの人だったわけですから
そう考えると、玄野のこの決断は結構大きいものだったのかも。
自分が犠牲になったからって、誰かがそのことを覚えていてくれるわけじゃないし、、、
この先ずーっと一人ぼっちになってしまうのに。
切ないですねぇ…。
だから余計にたえちゃんに、なんとなくでいいから玄野のこと思いだしてほしいなぁ…って思ってしまいました

余談ですが、あぁ…もし最後に映る玉男になった玄野がハゲになってたらどうしよう…笑っちゃうよ!!!!
と心配してましたが← 髪の毛ちゃんとありました(笑)

どうやら、ガンツは中に入っている玉男の意志で動いていて
玄野はもう誰も転送してここに連れて来ないし、星人と戦うこともしないって決めれたんでしょうか?
となると、前のあの玉男が悪いんやん!!って思ってしまったり?笑
復讐って終わりがないですもんね~。

さんざん、本郷クンがカッコイイと言ってましたが、西くんは終始イヤなやつでしたね
私はどうやら正義のヒーローより、悪役の方が好きみたい(笑)
ほんでも、本郷クン、人気でーへんかなぁ?かなり演技派やと思うんですが

そういえば、山田くん忘れてました!!!!!!!!←
ガンツについて調べる謎の男って役で、映画オリジナルの役だそうですが…
結局、警察?公安?だったのかな?
非日常のガンツの世界観を際立たせるための役だったんでしょうが、あまり存在感がなかった
山田くん、原作ファンやのにね(^_^;)

様々な謎について色々と憶測の域をでないものがありますが、ずいぶんキレイにまとまってる方ではないでしょうか
私はガンツが一体どうやって生まれたのか~とかガンツはなぜ存在するのか~とかは別に気になりませんでした。SFやと割り切って…ね!!!! そこは謎のままの方が

原作の方はスケールがでかくなりすぎて、どうやって終わるのやら!?って展開になってるみたいですね(^_^;)
ま、よくあることですよね(笑)
なので、この映画は映画としてうまい具合に終わったと思うので、原作ファンの方も観てみてほしいですね

Thank you for reading
waka
関連記事
スポンサーサイト



theme : GANTZ
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2投票
更新が滞っているので、次に読みたい記事、期待している記事、面白かった記事を投票していただきたいと思います!!ぜひ、参加してくださいm(__)m
無料アクセス解析
ようこそ♪

xxTRICKworld

Author:xxTRICKworld
wakaと申しますm(__)m

♪音楽は邦楽から洋楽まで♪
広く浅く…いろんなアーティストを聞きます!
・へヴィ・ミクスチャーロック系、
・ダンスのできるアーティスト、ダンスナンバー系、
・パワフルヴォイスの歌唱力のあるアーティスト
これがだいたい好きな曲、アーティストの傾向です♪

☆映画は洋画中心☆
アクション、SF、サスペンス、ホラーメイン!

★野球はドラゴンズご贔屓★
野本圭・藤井淳志・中田賢一・堂上剛裕・森野将彦を応援中☆あとやっぱ憲伸!(^^)!

==カテゴリ説明==

★About Me …日記
★Music …おススメアーティストの紹介や洋楽の和訳、ライヴレポなど。新曲情報は月1or2で定期更新中。
★Movie …映画感想と新作映画情報(毎月末or月初めに定期更新中)
★Baseball …ドアラ、ではなく←ドラゴンズ中心
★雑記 …ドラマの感想と新ドラ情報(定期更新中)他、色々。
★ランキング …オリコンや映画のランキング

興味のある所だけでも読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)
詳しいプロフィールは下のFC2プロフのバンビちゃんをクリック♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2プロフ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ブロとも一覧

The Year 2010 in Seoul ★
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード