fc2ブログ

SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマト観てきました
前々から言ってますが…私は邦画は映画館で観る必要ないと思ってる人間なんですが(笑)
この映画は!!!なかなかVFX頑張ったみたいなので←ぜひぜひ見てやろうということで観てきました
主演の方は別に好きではないんですが← メイサちゃん好きやし

『宇宙戦艦ヤマト』は全く知らなかったんですが、あんなにSFだとは思ってなかったので←SF大好きな私には結構楽しめました
と言っても、脚本は甘甘でしたけどね まぁ良くある展開といいますか…
そして、肝心のVFXですが…最初の方はうーーん。やっぱ違和感があるなぁ…って思ってたんですが、
観てるうちに気にならなくなったので、結構良かったと思います
少なからず、今までのどの邦画よりもイイCGだったと思います(笑)
ただ、ヤマトのコックピットのシーンだけが、やたらセット感丸出しだったのが気になりました

どうやら撮影は約3カ月くらいで終わったのに、ポストプロダクション(編集作業)に公開までの残り約1年をかけて制作したそーです。
私はそんなに期待して観に行かなかった分、思ったより面白かったかな~と、思ったんですが(笑)
世間での評判はどうなんでしょう??
やはり、日本の技術はまだまだ…と言われればそうなんですけど
それよりも、原作ファンの方にはあの脚本があまり満足できなかったみたいですね(^_^;)

西暦2194年。外宇宙に突如現れた正体不明の敵・ガミラスによって投下された遊星爆弾により、人類の大半が死滅。
5年後、西暦2199年。地球は遊星爆弾の放射能によって汚染され、生き残った人間は地上を逃れ、地下で生活していた。
かつてエースパイロットとして活躍した古代進も、いまは軍を退いていた。
あるとき古代はイスカンダル星から放たれた通信カプセルを発見し、その星には放射能除去装置が存在することを発見する。
地球防衛軍は最後の宇宙戦艦ヤマトを建造し、最後の希望=放射能除去装置を手に入れるため、遥かイスカンダルへ向けて出発する。
地球滅亡までわずか1年。いま、古代たち乗組員の壮絶な戦いが始まった――

トレーラー↓↓


ストーリーは結構というか、かなり足早でした
原作を全く知らない私でも、なんか展開が早すぎる、って思ったので、原作ファンの方にはそりゃ酷い出来だったのかも(^_^;)
あと、私は波動砲って最後の最後のとっておきの技やと思ってたので、そんなに何回も撃つの!?
波動砲とワープ使いすぎじゃね!?!?って思ってしまいました
原作でもあんなに何回もワープと波動砲使ってるのかな!?…きっと使ってないですよね

個人的評価:★★★★☆
以下、ネタばれ含みます↓↓
最初のシーンを見て、宇宙空間の戦闘シーンと言えばやっぱ「スターウォーズ」だよなぁって(笑)
あれを観てからこの映画を観たら、やっぱ日本はまだまだだなってなりますよね
ま、そんなことは分かりきったことですよね(笑)
今に始まったことではありません!!!

で、堤真一さんが!!!!!ほんの数秒!?しか出番ありませんでした(@_@;)
私も堤さん結構好きなんですが、一緒に観に行った友達が堤さん大好きで(笑)
あんなにすぐ死んじゃってもう泣きそうやった、と言ってました
私もまさかあんなに出番が少ないとは思っていませんでした

ストーリーはいたって簡単なので要約すると…
西暦2199年、地球は謎の異星人ガミラスの遊星爆弾による攻撃で放射能に汚染され、人類は滅亡の危機に瀕していた。
そんなある日、地球上にイスカンダルからカプセルが届けられ、中には波動エンジンの設計図とイスカンダルの座標、そして放射能除去装置を取りに来いとのメッセージが入っていた。
そのため、地球からの脱出用に用意されていたヤマトをイスカンダルまで派遣することになります。
イスカンダルはめちゃめちゃ遠いため、途中ワープしたり、ガミラス艦隊と戦ったり…
結局、放射能除去装置の話はあとから沖田艦長が付け足した嘘というか、ただの予想だったんですが(^_^;)
無事イスカンダルに到着し、放射能除去装置を手に入れ!?
地球まで無事に帰ってきたわけですが、最後の最後でガミラスが地球を破壊してやる!!!と言いに来ました←
波動砲を使おうにも、先の戦いで波動砲の砲口を塞がれてしまったので、
結局、ヤマトに古代進だけを残し、波動砲を撃ってその爆発にガミラスを巻き込んで…終わりました。

簡単に言えばこうゆうストーリーです(笑)
この他に、森雪とのラブストーリー!?とかがあるくらいでかなり単純な展開

最後の特攻?自爆?はまさに日本人ですよね(笑)ここら辺ゎ原作に忠実らしいです
ただ、デスラーとかゆうラスボスが原作でゎ紫?青?色の肌の宇宙人らしいですが、今回の映画でゎ人型のクリスタル?でした
確かに、紫の顔した役者が登場したらびっくりですもんね(笑)

一番カッコよかったシーンゎワープした先にガミラス艦隊が現れて、ブラックタイガー隊の森雪たちが退治しに行くんですが…
ハプニングで雪ちゃんの船が破損して帰還できなくなって、古代が助けに飛び出して行ってしまいます。
その間に新しいガミラス艦隊が突進してきて、なんとか再びワープして逃げなきゃいけない!!
でも、古代が雪ちゃんを回収してヤマトに帰ってくるのがギリギリのタイミングだったので、ガミラスをギリギリまで引きつけて、ヤマトを横に傾けて回避してから、古代たちを回収、そのままワープしたシーンでした

やっぱワープとかSF好きにゎたまらないっすよね
波動砲も結局、三回くらい?発射してましたが(笑)なかなかカッコいい映像でした
波動砲とワープ使いすぎですけどね(笑)
ワープなんて、最初は生身の人間には耐えられないかも…とか言っといて、最初こそ皆気を失ってましたけど、それ以降は酒飲みながらでも全然平気でしたね(^_^;)

結局よく分からなかったのゎ…放射能除去装置のこと(笑)
ガミラスとイスカンダルゎ元ゎ一体で表と裏、善と悪的な存在。
ガミラスの星が滅びるにあたり、ガミラスは地球を乗っ取ろうと襲撃してきて、
反対にその星と運命を共にしようとするイスカンダルを星の一部分に閉じ込めたということだったようです。
ガミラスも宇宙人としてたくさんの個体が登場するけど、意識集合体だって言ってましたもんね!!
途中、ワープに巻き込まれたガミラスをヤマトに引っ張ってきて、研究しようとしたら、生体反応はないですね~どこがコックピットだなんて話してたら機体の飾りかと思ってた一部がいきなり落ちて動き出した時ゎビビりました(笑)
しかもそのあと斉藤に取りついちゃうし
そういえば斉藤役の池内さんカッコよかったやっぱああゆう人がタイプみたいです(笑)

で、イスカンダルの方はメイサちゃんに取りついたんですが、イスカンダル自身が放射能除去装置の役割を果たすからって…
じゃ森雪=放射能除去装置とゆうことで良かったんですかね
その後、特に説明なく終わったんで、放射能除去装置とゆう物体が手に入るってわけじゃないのねと思ってしまいました(笑)
ラストも雪ちゃんが、私もヤマトに残ります!!とか駄々こねてたので、あなが地球に帰らなきゃイスカンダルまで行った意味ないしって思ったけど、古代ゎそのことについて何にも言わなかったですね(笑)

とゆうか、雪ちゃん…めっちゃツンデレでした(笑)
最初めちゃくちゃツンツンしてたのに、いつからかめっちゃデレになってました(笑)
しかもエンドロールの時にきれいになった地球と雪ちゃんの子供が映ってたので、いつの間にかちゃっかり子供まで
雪ちゃんとのラブストーリーもとても足早だったので、もう両思いにと思わざるを得ませんでしたね

その他、古代の過去の話とか、ヤマトが旅に出るまでがかなり足早に説明だけで終わってたんで、ちょっと物足りなかったかなぁ~と思います
例えば、ガミラスは学習能力が非常に高くて、戦うたびに攻撃が効かなくなってる~とかの表現がちょっと弱かったとか…
他にも、ヤマトの乗り組員が最後に家族と通信してサヨナラをするシーンも、展開が早すぎたのであまり感動できませんでしたね(^_^;)
そりゃ、アニメのようにはいかないので、限られた時間ですべてを語るのはムリだと思いますが
ラストもほんまに主要キャラ以外ゎキレイに亡くなったのでここら辺ハリウッドライクな展開だなぁ~と思いました(笑)
最後のシークエンスも、デスラーが攻撃予告してきてからずいぶん時間経ってましたけど一向に攻撃する様子はなかったですもんね(笑)
他の方のレビューで読んだんですが、原作にあった悲壮感や重厚な雰囲気が全く感じられない。
ってのはよく分かりました
ま、エンタメ映画としては仕方ないことなのか…。

とにかく!!日本初の本格SF作品としてゎまぁまぁ良かったと思います
日本ゎハリウッドのように大金かけられないので仕方ないですよね。
だからこそ、脚本を頑張ってほしかったんですが(^_^;)
ま、最近ゎ洋画よりも邦画の方が人気みたいなんで、たまにゎこうゆう大作作るのもいいんじゃないでしょうか

Thank you for reading
waka
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日本映画
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2投票
更新が滞っているので、次に読みたい記事、期待している記事、面白かった記事を投票していただきたいと思います!!ぜひ、参加してくださいm(__)m
無料アクセス解析
ようこそ♪

xxTRICKworld

Author:xxTRICKworld
wakaと申しますm(__)m

♪音楽は邦楽から洋楽まで♪
広く浅く…いろんなアーティストを聞きます!
・へヴィ・ミクスチャーロック系、
・ダンスのできるアーティスト、ダンスナンバー系、
・パワフルヴォイスの歌唱力のあるアーティスト
これがだいたい好きな曲、アーティストの傾向です♪

☆映画は洋画中心☆
アクション、SF、サスペンス、ホラーメイン!

★野球はドラゴンズご贔屓★
野本圭・藤井淳志・中田賢一・堂上剛裕・森野将彦を応援中☆あとやっぱ憲伸!(^^)!

==カテゴリ説明==

★About Me …日記
★Music …おススメアーティストの紹介や洋楽の和訳、ライヴレポなど。新曲情報は月1or2で定期更新中。
★Movie …映画感想と新作映画情報(毎月末or月初めに定期更新中)
★Baseball …ドアラ、ではなく←ドラゴンズ中心
★雑記 …ドラマの感想と新ドラ情報(定期更新中)他、色々。
★ランキング …オリコンや映画のランキング

興味のある所だけでも読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)
詳しいプロフィールは下のFC2プロフのバンビちゃんをクリック♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2プロフ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カウンター
リンク
ブロとも一覧

The Year 2010 in Seoul ★
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード