fc2ブログ

HACHI 約束の犬

1987年の日本映画 『ハチ公物語』 のハリウッドリメイク版
『HACHI 約束の犬』(Hachiko: A Dog's Story)2009年・米
Hachiko: A Dog's Story

あらすじ
アメリカ東海岸の郊外にあるベッドリッジ駅。
大学教授のパーカー(リチャード・ギア)は、その駅前で迷子になっていた秋田犬の仔犬を保護して家に連れ帰る。
以前に飼っていた犬を亡くした悲しみがまだ癒えない妻の反対を押し切って、仔犬を飼うことを決めたパーカー。
着けていた首輪に漢字の「八」が刻印されていたことから、仔犬は「ハチ」と命名される。
パーカーの愛情を受けてすくすくと育ったハチは、毎朝彼を駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣になり、周囲の人々もそれを微笑ましく見守っていた。
しかし、その幸せな日々は突然の悲劇によって終わりを迎える――

<You dont have to wait anymore,he is not coming back...>

トレーラー(日本版)↓


トレーラー(アメリカ版)↓



日本人なら誰もが知ってる「忠犬ハチ公」
もう、トレーラー見ただけで泣けます
私、犬苦手なのに←
しかし…まさかハリウッドでリメイクされるなんて!!と誰もが思いましたよね

先の「リング」や「呪怨」を始め、あまり日本人の評判が良くないハリウッドリメイク版。
しかし、この「HACHI 約束の犬」はかなり高評価みたいです
ドラ○ンボールみたいに、失敗作ばかりではないんですね(笑)
私は普段くだらないアクションとか…
あり得ねぇSFとか…
人が死にまくるサスペンスとか…
とってもくだらないホラーばっかみてるので(●^o^●)
他のハートフルストーリーとは比較できないので、何とも言えないですが(笑)
アクションやホラー等の他のジャンルと比べて、表現の違いがあまりないので、
万国共通で感動できる作品のようです

しかし!!!!!!!
実はこの作品…
アメリカでは劇場公開されておりません
まさかのDVDスルー作品(^_^;)
いくつかの映画祭で公開されただけなんですって。
公式には、北米公開中止の理由についての説明は行われていないそうですが…
どうしてでしょうね???
やはりアメリカ人に「忠誠」という概念はあまり理解されないのかな…。
リチャード・ギアの日本好き、犬好きのために作られた映画だと思われちゃったんですかね
イイ映画なのに、残念です。

映画の中で、ハチの視点?ハチが見ている風景がモノクロ映像で写るんですが…
犬って白黒にしか見えてないんですか?
秋田犬ってそんなに頭イイんですか?
と、犬のことはよく分からんので、色々疑問に思ってしまった(^_^;)
ってか、犬は人間のように「演技してくれ」って頼むわけにいきませんから、撮影大変やったのかなぁ(笑)

それにしても、犬がそんなに好きでない私でさえ、ハチはかなり可愛いく見えます(笑)
だから犬好きの人にとったら、この映画はたまらんでしょうね。色んな意味で。
ストーリーもオチも分かってるのに、どうしてこんなに感動するんでしょうか…。

個人的評価:★★★★☆
以下、ネタばれ含みます↓↓
冒頭。学校のクラスで子供たちが自分のヒーローについて発表しています。
フツーこうゆう時のヒーローって、父親とか、もっと身近な人じゃないかと思うんですけど…
最初の女の子は「コロンブス」。しかも彼のおかげで祭日があるとか言ってるし(笑)
次の発表者ロニーは「ハチ」。この子がパーカーの孫のようです。
この子がハチについて語っているというストーリー展開になってますが、そんなの最初と最後にしかでてこないので、すっかり忘れてます(笑)

ハチはどうやら日本でお寺に捨てられていた子犬みたいで、そんままなぜかアメリカに連れて行かれたようです。
で、飛行機に乗って長旅。
アメリカのどっかの駅に着いたと思ったら、荷物運んでたカートからカゴごと落ちて、おじさんそれに気付かず行ってしまった(^_^;)
で、駅の中をうろちょろしてたらパーカー(リチャード・ギア)に出会うわけです。
あとで言ってたけど、パーカーがハチを見つけたのか、ハチがパーカーを見つけたのか…。
運命だったんでしょうねぇ。
ってかリチャード・ギアも子犬のような目だな(笑)

結局、飼い主が見つかるまで預かるという形でハチを連れて帰ったんですが、奥さんに大反対されます(^_^;)
でも、ハチの懐きようと、パーカーのハチを飼いたいって気持ちが伝わったようで、ようやくOKしてくれました。
これが頑固な奥さんだったら、この感動のストーリーは生まれてなかったですね!!←

ハチを拾って一日目、仕方なく、ハチを連れて職場の大学へ電車に乗って行くんですが…
駅員に犬は電車に乗せるなよ、って言われたけど…置いてくわけにもいかなくて、こっそり電車に乗せてミルク(コーヒーのフレッシュ)をあげてたらワンワン言いだしちゃって
それをごまかすために新聞バサバサしてるパーカーがかわいかった(笑)

秋田犬はボールを取りに行く遊びをしないのに、
パーカーが一生懸命、自分でボールくわえて教えたりするシーンもありました(笑)
懐いてからは、パーカーも奥さんもすっごくハチに甘いです
ってか、ハチめちゃくちゃでかくなったんですけど。首輪とか鎖つけないんでしょうか…。
あんなデカイ犬うろちょろしてたら私怖いです

ハチは、駅員さんや、駅前の本屋のおばちゃん、ホットドッグ屋のおっちゃんなどなどに見守られながら
毎朝駅まで付いてきて、夕方には駅まで迎えに来てくれます。
そいで、或る日駅に着いたら、ハチが迎えに来てなくて、
どうしたんだ?とおもったら…ハチの小屋(納屋)の前にスカンクがいて出られなったようです(笑)
で、パーカーが格闘してたらスカンクに何やら臭い分泌液をかけられて2人とも臭い臭い(@_@)

結構びっくりしたのが、パーカーと奥さんがかなりイチャイチャしてること(笑)
外人さんって、年取ってからもあんなにイチャイチャするもんなんでしょうか
そして、娘が妊娠。奥さんとも結婚25周年。
こんなにも幸せな家族に、ついに悲しい別れが…。

パーカーが亡くなる当日、初めてハチが朝付いてこようとしませんでした。
パーカーはそのまま行っちゃったけど、後でやっぱりハチが付いてきました。
あんなに興味のなったボールを持って。
ここで初めてボールを投げたらとってくる遊びをやってくれるんですねぇ~
今日はかなりハチの様子がおかしい。
犬ってそうゆうの分かるんでしょうか?ハチだから??
結局、ハチはその日も駅に迎えに行きましたが…パーカーは二度と帰ってきませんでした。

パーカーがいなくなってからも、駅に通ってパーカーが帰ってくるのを待っているハチ。
結局、その家を引っ越すことになって、ハチは娘夫婦に引き取られます。
でも或る日ハチはその家を飛び出して、道も分からないのに、線路を歩いてあの駅をめざします。
結局、またあの駅に勝手に行っちゃったハチを娘夫婦が連れて帰るんですが…
次の日に、娘がハチに「行きたいなら行っていいよ」とハチを逃がすんですね。

そして駅に毎日やってきてはふらふらっとどこかへ帰って行くハチ。
そのうち、新聞記者が来て、忠犬ハチ公の記事を書きました。
すると、その新聞を見た人から手紙や、エサ代にしてほしいとゆうお金まで送られてくるように。

そして何年もたったある日、パーカーの奥さんが久々に駅にやってきます。お墓参りのために。
その帰り、駅前にはハチが…
ハチがパーカーが死んでから10年たった今でも駅で待ってることが分かります。
このころのハチはしっぽもだれてて、薄汚れてるし、毛も伸びて、かなり老いぼれになった感があって
もう…悲しすぎます
ホットドッグ屋のおじさんがそれを見て隠れて泣いてるのもまた泣けた。
きっとハチは、パーカーが死んでもう戻ってはこないことなんてずっと分かってたけど、それでも待ちたかったんだろうな。
最後にハチは、夢の中でパーカーと会えて満足したんだと思います。

アメリカ人には、忠実であることの大切さは理解しがたいかもしれないですが…
「愛する人を忘れない」ってのはよく分かるんでしょうね。
「それを教えてくれたハチが僕のヒーローです。」
孫のロニーもまた、ハチと同じ秋田犬を飼い始めたというシーンで終わりました。

最後に字幕で実際のハチについて書かれていたことです↓↓

実際のハチ公は1923年生まれ、1925年に主人の東大教授である上野博士が死去。
それから9年間、ハチは渋谷駅で帰らぬ主人を待ち続けた。
そのハチ公も1935年3月に死んだ。
今も渋谷駅にはあの時と同じ場所で主人を待ち続けるハチ公の銅像がある――

私もハチ公の銅像みたくなっちゃいました
そしてこの映画はやっぱり、たとえストーリーやオチが分かっていても見れる映画だと思いました

泣ける映画って(特に愛する人が死んだとかゆう恋愛映画)あまり見たいとは思わないです。
だって、誰かが死んだら泣けるに決まってるもん。
この「HACHI 約束の犬」は、確かに愛する人が亡くなりますが、
パーカーが死んだから、ハチが死んだから泣けるわけじゃないんです。
悲しくて泣くんじゃない。
自分が一体何を感じて泣いているのかよく分からないけど…(^_^;)
これが実話なんだから、ほんまにすばらしいことです

ただ、泣き虫さんは要注意です マジで目が腫れる
Thank you for reading
waka
関連記事
スポンサーサイト



theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2投票
更新が滞っているので、次に読みたい記事、期待している記事、面白かった記事を投票していただきたいと思います!!ぜひ、参加してくださいm(__)m
無料アクセス解析
ようこそ♪

xxTRICKworld

Author:xxTRICKworld
wakaと申しますm(__)m

♪音楽は邦楽から洋楽まで♪
広く浅く…いろんなアーティストを聞きます!
・へヴィ・ミクスチャーロック系、
・ダンスのできるアーティスト、ダンスナンバー系、
・パワフルヴォイスの歌唱力のあるアーティスト
これがだいたい好きな曲、アーティストの傾向です♪

☆映画は洋画中心☆
アクション、SF、サスペンス、ホラーメイン!

★野球はドラゴンズご贔屓★
野本圭・藤井淳志・中田賢一・堂上剛裕・森野将彦を応援中☆あとやっぱ憲伸!(^^)!

==カテゴリ説明==

★About Me …日記
★Music …おススメアーティストの紹介や洋楽の和訳、ライヴレポなど。新曲情報は月1or2で定期更新中。
★Movie …映画感想と新作映画情報(毎月末or月初めに定期更新中)
★Baseball …ドアラ、ではなく←ドラゴンズ中心
★雑記 …ドラマの感想と新ドラ情報(定期更新中)他、色々。
★ランキング …オリコンや映画のランキング

興味のある所だけでも読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)
詳しいプロフィールは下のFC2プロフのバンビちゃんをクリック♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2プロフ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ブロとも一覧

The Year 2010 in Seoul ★
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード