fc2ブログ

プリンセス トヨトミ

観ちゃいました…「プリンセス トヨトミ」
奇想天外なストーリーが気になって観に行ったんですが、
結果!!!!!!!!!
前半まで、つまりミステリー部分は面白かったんですが
いろいろとタネ明かしされた後はちょっと微妙でした
なぜだろう……ラストは親子の絆の物語で結構イイ感じやったんですけどね~
父子の話なんで、男性の方が共感できるのかも。
いや、この映画は万人向けではなく、堤さん世代の男性向けの映画なのかも(^_^;)
綾瀬はるかのサービスショットもありますしね!←

そして、もっと戦国時代が好きな人とか、大阪に詳しい人の方が楽しめたんじゃないかなと思いました
大阪の良く見る景色がたくさん見られたし
途中、関西テレビのアナウンサー「やまひろさん」こと山本浩之さんとかもでていたんですが、
きっと、関西の人でなければ知りませんよね(笑)
私も京都へ来て「アンカー」観るようになって初めて知りましたもん(^_^;)

戦国時代に関しても、我が地元の三英傑は知れども
豊臣の末裔がどうとか、そうゆう知識は全然なかったので、真田ってあの人のことなのね!!!という状態(^_^;)
こうゆうの好きな人はもっと楽しめたんじゃないかなぁ~と思います


7月8日金曜日、午前4時―大阪が全停止した。
遡ること4日前の月曜日。
東京から大阪に三人の会計検査院調査官がやって来た。
税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰め“鬼の松平”として怖れられている、松平元。
その部下で、天性の勘で大きな仕事をやってのけ"ミラクル鳥居"と呼ばれている、鳥居忠子。
日仏のハーフでクールな新人エリート調査官、旭ゲーンズブール。
三人は順調に大阪での実地調査を進め、次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。
その商店街には、ちょっと変わった少年少女がいた。
お好み焼き屋「太閤」を営む真田幸一と竹子夫婦の一人息子・真田大輔は、「女の子になりたい」という悩みを抱えていた。
その幼馴染・橋場茶子は、大輔とは対照的に男勝りで、いつも大輔を守ってきた。
そんな空堀商店街を訪れた調査員一行は財団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」に不審な点を感じる。
徹底的な調査を重ねるも、経理担当の長曽我部にのらりくらりとかわされる。
諦め始めた鳥居も「これでOJOが嘘をついているとしたら、大阪中が口裏を合わせていることになりますよ」と不満をもらす。
そのとき、松平の脳裏にある考えがひらめいた。「そうだ、大阪のすべての人間が口裏を合わせている!」
意を決して、再び「OJO」を訪れた松平の前に現れたのは、お好み焼き屋「太閤」の主人・真田幸一だった。
そして、発せられた幸一の言葉に松平は耳を疑った。
「私は大阪国総理大臣、真田幸一です」――

トレーラー↓↓


出演者の皆さんに関しては、
まず堤さん!!!!!相変わらずの美声(笑)
ほんまにカッコいいわぁ~
貫録の演技力です

綾瀬はるかちゃんは…かわいいねぇ~
原作ではミラクル鳥居は男性らしいですが、この役は綾瀬はるかにぴったりだからってことで、女性に変更されたらしいです。
そのくらいハマり役だったと思います!!
ただ、あのサービスショットは…女の私でも気になってしまった(^_^;)
あれは男性客への確信犯的サービスとしか思えない(笑)

そしてゲーンズブールくん。
こちらも原作ではクールな女性だったらしいんですが、映画では男性に変更。
岡田将生くんはハーフって顔立ちでもないけど←
ゲンズブールくんはちょっと怪しい立ち位置でしたが、これも映画オリジナルだそうです。

大阪城前のイケメンたこ焼き屋の兄ちゃん←に玉木宏!!!
かなりのチョイ役(カメオ出演)になぜ玉木宏!?
あの人名古屋出身でしょ!?
と思っていたら、どうやらこの原作の作者さん万城目学(まきめ まなぶ)が、
「鴨川ホルモー」だけでなく、「鹿男あをによし」を書いてる人だったようで、
そう!!ドラマ版「鹿男」の主役をやっていたのが玉木宏!!!
しかも、この映画の脚本、監督、プロデューサーなども「鹿男あをによし」と同じスタッフ!!!
ってことで出演してたようです
そういえば、このドラマにも綾瀬はるかちゃん出てましたね~

にしても、「鹿男」は奈良でしょ、「鴨川ホルモー」は京都、
で、今回の「プリンセス トヨトミ」は大阪。
この作者さんはきっと関西人に違いない!!!!!!
と思ったら、やっぱり大阪の方でした(笑)

最後に一言。
こんだけ、大阪のお好み焼きとかたこ焼きとかを何度も見せられると
ほんまに食べたくなるではないか!!!!!!!←
今週、ちょうど大阪に行くので…うん。食べよ
大阪城もいこ!!!ってかそこが目的地だったりする(笑)

個人的評価:★★★☆☆
以下、ネタばれ含みます↓↓

more...

スポンサーサイト



theme : 映画レビュー
genre : 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

えーっと、今さらですが(^_^;)
おもしろかったです やっぱジャック最高!!!!!!!
相変わらず笑わせてくれました 個人的には人魚も良かったですね
…めっちゃ怖いけど

永遠の生命をもたらすと言われる“生命の泉”。
史上最恐の海賊・黒ひげがその伝説の泉を狙って動き出した時、孤高の海賊ジャック・スパロウの前にかつて愛した女海賊アンジェリカが現れ、呪われた航海へと彼を誘う。
果たして彼女は敵か、味方か…?
時同じくして、ジャックの相棒ギブスの前に現れたのは、英国王に“生命の泉”を探すことを誓い、海軍将校へと寝返った元海賊のバルボッサだった。
黒ひげ、アンジェリカ、バルボッサ──史上最強の海賊たちがそれぞれの野望を胸に、波乱の航海へと旅立つ中、伝説の泉の鍵を握る“人魚”シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる。
泉への地図を持ち、その場所を知ると言われるのはジャック・スパロウただひとり。
そして、泉の謎を解くため必要なのは、“人魚の涙”…。
幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”にたどり着くことができるのは、はたして誰なのか――

トレーラー↓↓


ストーリーは超!!!!!!単純に仕上がっております(笑)
生命の泉を探す冒険ストーリーなので、よくある展開そのまま。
オチもまぁ、そうなるわな…という感じで
そこがちょっと物足りないなぁとも思ったのですが…

アリス同様、この作品は子供も楽しめるエンタメ映画であり、
なんたってディズニー映画なんですから!!!
ストーリーが薄っぺらいなどと話しても仕方がないわけです。
パイレーツはこれでいいんですよね
むしろ前作辺りがちょっと分かりにくいストーリーだっただけで、これぞディズニー映画です(笑)

今回の良かった点としては、やはり3Dですかね
ちゃんと3Dカメラで撮影されてるだけのことはあって、
今ままでに観た3D映画の中で一番良かったと思います!!!
といっても、3D映画観たのは6回目くらいですけど(^_^;)

で、私が今回観た3Dは「MASTER IMAGE」方式でした
今まではほとんどのTOHOシネマズで導入されている「XpanD」方式で観ていたのですが……
電池が内蔵されているためメガネは重いし、完全に画面は暗くなるし、重すぎて見終わったあとメガネの跡ついてるし(^_^;)
あれは「液晶シャッター式」なので、メガネの前で手をひらひらさせると、映像が途切れます←

で、今回の「MASTER IMAGE」方式は、去年から一部のTOHOシネマズなどなどで導入され始めた方式で、
見始める前は「MADE IN KORIA」の文字に、大丈夫かな~(^_^;)と思ったりしたんですが←
なかなか良かったです!!!!!!!!
「偏光フィルター式」のメガネなので軽いですし、画面も暗くならないし
しかも、持ち帰り可ですそして、次回持参した人は、3D鑑賞料+400円の所を、100円引きの+300円で観られます
こりゃ結構おススメ 今度から3Dを観るときにはここで観ようかな(笑)
ちなみにこうゆうメガネです↓↓
master image

キャスト面でいうと、アンジェリカはすごく良かったんですが、
前のエリザベスがけっこう曲者やった分←
そこまでのインパクトはなかったかなぁ
エリザベスは、超!!!!小賢しかったんで(笑)
その分アンジェリカは、結構純粋な人に見えました。

あと、ウィルの代わり?となったのが
宣教師のフィリップなんですが、こちらもちょっと微妙?←
やっぱエリザベス&ウィルの存在感はでかかった((+_+))

ワタクシお気に入りのバルボッサはめっちゃ良かったです
とある事情で、お上品にふるまってるつもりが全然そうは見えないし(笑)
喜んで毒カエル収集してたし(笑)
やっぱ最後に海賊に戻ったバルボッサがすてきでした
ジャックとのコンビも良かったです

そして、今回の敵である黒ひげですが……
あまり威厳がなかったように思ったのは私だけ!?
1作目のバルボッサや、2、3作目のデイヴィ・ジョーンズのが冷酷で怖かった気がする
黒ひげは実在した最強の海賊って事でしたが、期待したよりは…という感じでしたね。

またまた文句を並べてしまいましたが(^_^;)
やっぱ1作目が一番かなぁ~と再確認(笑)
ただ、今回は3Dが良かったので…☆は↓↓

そうだ!!!!今回も長~いエンドクレジットの後におまけ映像がありますので、最後まで席を立たないように

個人的評価:★★★★☆
以下、ネタばれ含みます↓↓

more...

theme : パイレーツ・オブ・カリビアン
genre : 映画

GANTZ: PERFECT ANSWER

公開初日に行ってきました
久々のレイトショー混んでましたねぇ
前日の夜にネットでチケット取っておいたんで、一応、真ん中は確保できたんですが…
最近ずっと一番後ろの席で観てたので、なんかスクリーンが近かった(笑)
おかげで迫力満点でしたね
音響もすごくて、乱射シーン←なんてものすごい大きさ

トレーラー↓↓


黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち……。
玄野と加藤は、星人=敵を殺さなければ脱出できないという理不尽な状況に追い込まれる。
戦いを続け、生き抜くことを選択する玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤。
対立する2人を軸に、極限状態に追い込まれた様々な人間たちの想いが交錯していく。
終わることのない苛烈な戦闘の中で、2人が、この不条理な世界に下した究極の選択とは――


はい。映画の感想は――面白かったです
奇抜なストーリーは原作通りとして、今回の映画は原作がまだ連載中とゆうことで、オリジナルのラストなんですが…
まさに「パーフェクトアンサー」なラスト(笑)
いや~日本人らしい映画…いや、選択でした←
あ、ちなみに副題の『PERFECT ANSWER』はガンツについての完全な答えがでるという意味ではなく、
玄野が最終的に出した答えがパーフェクトというか、今できる最善の手を選びましたよ、という意味だと思います。
レビュー読むとガンツの謎がすべて明かされるんや!!って期待されてた方も結構多いみたいなので、
そこを勘違いすると…全然謎が解明されてねーし!!!!ってことになりますので、過剰な期待は禁物です(^_^;)


ストーリーの日本人らしさとは裏腹に映像はかなりハリウッドライク
ハリウッドアクション映画には及びませんが、今までにこんな日本映画はなかっただろう!!とゆう映像でした
映像技術なんかの知識は全くありませんが、少なくとも、どの酷い合成具合の邦画作品←よりも出来は良かったと思います
爆破シーンなんか、邦画は実際にやらないですもんね~
GANTZはしっかり爆破シーンも実際に撮ってます!!!!

そして俳優さんのアクションがすごかった
前回見た「SP」もなかなかすごかったんですが、ガンツは超人的なので…余計に(笑)
前編はXガンで戦うことが多かったし、ニノ…じゃないや、玄野たちも弱かったんですが……
今回はみんな戦い慣れて強くなってたし、Xガンよりも剣で戦う方が多かったので、殺陣がすごかった
インドアのニノがあんなに動けるのかとゆう位派手なアクションでした(笑)
ワイヤーもかなり使ってたみたいなので、「SP」とはまた違ったカッコいいアクションが観れました

そしてそして!!ワタクシ一番のお気に入りは…やっぱり本郷くんでした
本郷くんあぁゆうクールな役多いけど…今回のはほんまに冷酷な役やので…ぴったりでした(笑)
ほんまに悪い顔してたなぁ……いや、ほんまに←

今回は女性陣のアクションもあって良かったですね
特に、星人の女の子が凄かった!!!!!!
あ、もちろん吉高ちゃんも………頑張ってたよ!!!←

肝心なことを言い忘れてました
今回もPG12指定になってますが、前回のネギ星人ほどグロいシーンはなかったです!!
多分今回は乱射シーンが多いのでそれで指定が付いたのかな確かにあれはちょっとヤバかった
きっとそこを含むシーンが一番の見せ場になるんですが……あれ、テレビ放送できないかもしれないですよね(^_^;)
先日のアナザーガンツでも、ネギ星人のところはあまり映ってなかったし…。

あとは全体的にホラー映画っぽかったですね(笑)
特に綾野剛くん←
相変わらずキモい役やってます(笑)ハマリ役よ

しかし、それだけでなく、泣けるというか、考えさせられる終わり方でそれも良かったです
思い返せば、思い返すほど…感動のラストになっていると思います
アクションとストーリーの割合がちょうど良かったですね
ハリウッドのド派手アクション映画やと、ストーリーがつまらなかったり、ただの娯楽ものが多いですからね
あと、音楽も良かったなぁ~サントラ聴きたいです!!!!!!!
調べたところ、あの予告で流れてる音楽は、Immediate Musicという予告編音楽を製作する専門会社が作った曲で、GANTZの曲ではなく、前から作ってあった曲みたいです。
ああゆうカッコいい曲はたまらんですね~(●^o^●)

とゆうことで。
うーん★4か4.5位のところですが、日本映画にしては映像が良かったところと←本郷くんのかっこよさに★5にします
ただ、原作ファンの方にはあまり面白くないかも
しかし、この映画も「SP」同様、ジャニーズに抵抗がある人、邦画アクションに抵抗がある人にも見てほしい作品です
ぜひ、映画館で観てくだちい←

個人的評価:★★★★★
以下、ネタバレ含みます↓↓

more...

theme : GANTZ
genre : 映画

SP-革命篇-

SP革命篇観ちゃいました(笑)

えーっとまず…劇場でサイン入りポスターを発見!!!!
すぐさま写メりました(妹が←)
SP1

これが岡田くん↓↓
SP2

これが堤さん↓↓
SP3

堤さんの下が真木よう子さんで、岡田くんの下が謎←
最初、山本(松尾諭)かと思ったんですが……やっぱりそうですかね!?←
それなら石田さん(神尾佑)のサインがないのはなぜ!?
石田さん好きやのに…革命篇もあまり出番なかったもんな(>_<)

官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。
死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務をこなしていたが、井上だけは尾形への不信感を募らせ、一人苦しんでいた…。
一方、与党幹事長・伊達やキャリア官僚らと接触の陰が疑われる尾形の動きを探るべく、公安の田中も調査を進める。
時を同じくして、井上は尾形から国会での警備を任じられる。
第四係、政治家の伊達國雄、新・第四係のメンバー、さらには謎のテロリストグループが国会に集結する中、麻田内閣不信任案の採決が行われようとしていた。
そのとき遂に尾形が動き出し、国会議事堂に銃声が鳴り響く――

トレーラー↓↓


で、映画の感想ですが……「すべてが終わる」とか言っておきながら、謎が全然解明されてない!?
全体を通しても面白かったんですが、なにしろ革命篇はアクションばかりでもないし、
シリアスに進んで行きながら…… 結局どうなったん!?
あれじゃ続きがまだあるのか!?と気になる終わり方でしたね(^_^;)

あと、驚愕の真実!!!!←みたいなのはそんなになかったかな…?
野望篇で結構ネタばらししちゃってましたもんね。
今回はそれを再確認。プラス新たな謎が解明されないまま終了、と言った感じです。
ま、あとは観客のご想像にお任せします。って映画も嫌いではないですけどね(笑)
こうなるとシリーズまるごと何回も観直したくなりますし

良かった所は、岡田くんと堤さんがカッコ良かったこと
岡田くんは毎度のことながら、カッコいい
中盤のSP対SPのアクションも良かった
岡田くんは…小さいのは残念やけど←ほんまになかなかのアクションでした

そして、何と言っても、井上と尾形さんの対決が!!!!!
堤さん…ってか尾形さんは係長やから、ドラマでも野望篇でも、あまりアクションシーンはなかったので
堤さんが走ってる!!!!!堤さんが戦ってる!!!!!!←
めっちゃ渋カッコいいと大興奮でした(笑)

ほんまの堤さんは全然ああゆうタイプじゃないのに← やっぱ演技うまいなぁ~と改めて思いました。
表情で語るシリアスな役も完璧です
そして「フライ・ダディ・フライ」のようなただのおっさんの役もできる!!!!!(むしろこっちが素に近い!?←)
あの映画の堤さんも最高です(*^。^*)キティちゃんのリュックがツボ(笑)

そして、今回も笑わせてくれたのが、笹本さん&山本ペア(笑)
山本なんて、最後ドМになってしまっていたよ
真木よう子さんもカッコ良かったなぁ
あと、香川さんは相変わらず~な怪演でした(笑)

派手なアクションを観たいなら、野望篇。
堤さんを観たいなら、革命篇。と言った感じでしょうか
どちらにしろSPは、邦画や、特にドラマからの映画化に偏見を持っている人(私←)も
観て損はない出来だったのではないかな~と思います
ただのテレビドラマの続編ではありません!!!!!
音楽も最高にカッコいいですしね

個人的評価:★★★★☆
以下、ネタばれ含みます↓↓

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

ツーリスト

気晴らしに映画観に行っちゃいました(笑)
やっぱり映画館のポップコーンはうまいや
ほんまはSP観に行く予定やったんですが、母親がツーリスト観たい!!って言い出したので、結局ツーリストになりました
私も気になってたんで観れて良かった(笑)

…ですが!!!!!!
期待したほどひねりのあるストーリーではなかったです
ただ、アンジーとベネチアの美しさは素晴らしいです
あと、ジョニーも面白いジョニーはクールな役より、ちょっと抜けてる役の方が向いてる気がする


あらすじ↓↓
傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランクは、ヴェネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズに声をかけられる。
妖艶な彼女に誘われるがままにアバンチュールに酔いしれるフランク。
しかし、そのすべてが仕組まれた罠だとしたら…。
謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていく一人の"ツーリスト"フランクの運命は――

トレーラー↓↓



とゆうことで、ストーリーは残念ですが← この映画はアンジー&ジョニーを観るための映画です(笑)
無名の俳優さんでこの脚本やったら……全然面白くなかったと思う←
一応、どんでん返しのある展開なのに…無理やり~な感じが否めない(笑)
そして途中でオチに気づいてしまう……とゆうか…
まさか…ねぇ!?
と思ってた展開になってしまうと思います

と、辛口コメントになってしまいましたが(笑)
良いところもありましたょ

アンジーなんかは、いつものカッコイイアンジーではなく、
かなり!!ビューティフルなアンジーで、改めてアンジーいいな~って思ってしまいました

ジョニーは…カッコイイシーンはほとんどなかったし、ジャック並みに面白いとこもなかったけど(笑)
普通の人間の役←ってなかなかないから、新鮮なような…ちょっとヘタレなとこは、やっぱりジョニー!!って気もするような

あ、そういえば!!
アンジーのブリティッシュ訛りの英語も聞けちゃいましたね
アメリカ人でもブリティッシュ訛りは簡単に話せるもんなんでしょうか
関西弁真似してみるみたいな感じなのかなぁ(笑)

あとはやっぱりロケですよね
イタリア~ベネチア~
行ってみたいゎ~
カーチェイスの代わりに、ボートチェイス?がありましたね(笑)
イタリア行ってみたいです

ロケだったからか、やたらと『アメリカ人め』ってセリフがあって笑えました(笑)
うちらには欧米人、ってひとくくりに見えちゃうけど…アメリカ人とイタリア人は全然違うんでしょうねぇ

とにかく!!←
なんでアンジーはあんなにキレイなんだ
って映画でした
本来なら★3のところを、アンジーとジョニーの豪華共演で★4つ(笑)

個人的評価:★★★★☆
以下、ネタばれ含みます↓↓

more...

theme : 映画レビュー
genre : 映画

FC2投票
更新が滞っているので、次に読みたい記事、期待している記事、面白かった記事を投票していただきたいと思います!!ぜひ、参加してくださいm(__)m
無料アクセス解析
ようこそ♪

xxTRICKworld

Author:xxTRICKworld
wakaと申しますm(__)m

♪音楽は邦楽から洋楽まで♪
広く浅く…いろんなアーティストを聞きます!
・へヴィ・ミクスチャーロック系、
・ダンスのできるアーティスト、ダンスナンバー系、
・パワフルヴォイスの歌唱力のあるアーティスト
これがだいたい好きな曲、アーティストの傾向です♪

☆映画は洋画中心☆
アクション、SF、サスペンス、ホラーメイン!

★野球はドラゴンズご贔屓★
野本圭・藤井淳志・中田賢一・堂上剛裕・森野将彦を応援中☆あとやっぱ憲伸!(^^)!

==カテゴリ説明==

★About Me …日記
★Music …おススメアーティストの紹介や洋楽の和訳、ライヴレポなど。新曲情報は月1or2で定期更新中。
★Movie …映画感想と新作映画情報(毎月末or月初めに定期更新中)
★Baseball …ドアラ、ではなく←ドラゴンズ中心
★雑記 …ドラマの感想と新ドラ情報(定期更新中)他、色々。
★ランキング …オリコンや映画のランキング

興味のある所だけでも読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)
詳しいプロフィールは下のFC2プロフのバンビちゃんをクリック♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2プロフ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ブロとも一覧

The Year 2010 in Seoul ★
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード